男子大学生が仮想通貨投資をしてみた。

投資未経験の大学生の挑戦と日常

思いついたことはすぐにメモしてみる癖をつけた

最近意識してやってる癖がある。 タイトル通りのことなんだけどね。

とりあえずメモる

電車での移動中とか読書をしてる時、友達と話してる時ってなんかパッとアイディアが浮かんだりそのフレーズいいねってなったりすることが多々ある。

ちょっと前までは浮かんだアイディアなり良いと思ったフレーズもどこにも書き留めることがなかったけどそう言うのって普通に次の日、早くて数時間後には忘れてしまう。

それって勿体無い。

今やってることとか過去にやったことって無意味なんじゃないかなって思うこともある。今読んでる本や観てる映画これもただの時間の消費なんじゃないかなって思うこともある。

けどそれって自分の中に無数の点を散りばめてるイメージでいつかその点と点とが結びついて新たなアイディアが生まれる。

日常生活を違う視点で見る

ブログを書いてるとネタに困ることがあると思うけど、こういう事を習慣付けてると日常には意外とネタが転がり込んでいる。

高校の時に使ってた電車がわりとローカル線で1時間に1、2本しか来ない電車だった。朝バタバタしてるときに逃すと絶対遅刻するという電車。笑

川崎なので割と都心部なんだけどこういうローカル線って珍しいんじゃないかなって思う。

毎日乗ってて、あの時は特になんにも感じなかったけどいま振り返るとこういうブログも書けるんじゃないかなって思う。

都会にある田舎に負けないほどのローカル線をまとめてみた!

これ普通に読みたくなるなって我ながら思った。笑

よし、今度これ書こう!

っていう風に書けちゃうわけです。素晴らしい。

自分の中で無数の点をつくる

線を作るにはたくさんの点があったほうが良い。

これは経験から来るもので今やってることはなに1つ無駄なものなんてない。

唯一あるとしたら無駄なことは同じことを繰り返しなにも考えずにやることだなと思う。

いわゆる思考停止とか言われるやつ。

仕事してる時も読書してる時も映画観てる時も遊んでる時もなにかしらのアンテナを張って日常を過ごすとたくさんの点が見つかるし、意外と普通の生活も楽しいことがたくさんあるんだなと思う。

広告を非表示にする