男子大学生が仮想通貨投資をしてみた。

投資未経験の大学生の挑戦と日常

書きたいことができたらブログ書こうじゃブログは書けないことに気づいたッ

約1年ぶりの更新になってしまいました。あの頃は「よーしブログで稼いでプロブロガーになっちゃうぞ!」とか意気込んでたくせにその勢いも一瞬で鎮火しました。

書きたくなかったわけじゃないんだけど書く内容がないなーってめっちゃ悩んでました。今その悩みがなくなったわけではないんですけどなんか書いといた方がいいなって、とりあえずなんでもいいから書いてみようかってなったわけです。

稼げるブログって普通の日記みたいなブログじゃよっぽどの有名人じゃなきゃ稼げないわけで、ブログで稼ぐとしたら読者に有益な情報を書いた記事じゃないといけないわけです。それか文章がめちゃくちゃ面白いとかね。

でもいきなり有益な記事書こうたって普段からブログ書いてないいんだからできないね!てか毎回毎回なにがいいんだろ〜って探すのだるくない!?みんなとだいたい似た内容になっちゃうでしょ。

ということで

書いて書いて書きまくる。これに尽きると思います。書いていくうちに「この書き方じゃだめだなー」とか「こういうことが書きたいんだな」とか「こういう内容が受けるのね」とかいろいろ発見できると思う!

僕は小4から高3までサッカーをやっていた部活少年なんだけど、ああいうプレイしたいけど練習でうまくいったことないし試合ではやめておこうって思ってたらいつまでたっても試合ではできないよね。もちろん練習は大事だし練習してからこその本番っていうのもあるけど、本番のあの緊張感でトライしてみることに意味があると思うんですよ。

ブログでいう練習はひたすらに記事を書くということだと思うのね。 そんで本番は修正してさらに読まれる記事に変えていくことだと思う。

ひたすらシュート打って決まらなかったらフォームが間違っているんじゃないかとかボールの蹴る位置が間違っているんじゃないか、単にシュートコースが甘いんじゃないかって考えると思う。つまりブログをひたすら書くっていうのはとりあえずシュートしまくること!確実に決めるためにそれを修正していく、つまり読まれやすい記事に修正していったり収益を考えて書いていくことだと思う!

雑記ブログでも稼いでる人はたくさんいますし、そもそもまずは書くことが楽しくなきゃ続かない。 いろんなブログのアドバイスやノウハウ見てもやっぱりまずは書き続けること。 続けることに意味があると僕は思うのでひたすら書きます。

広告を非表示にする